海外展開がスムーズに|SGS分析で安全性を確保【ワンランク上のクオリティーを目指す】

海外展開がスムーズに

ウーマン

貿易がしやすい

EUではRoHS指令を制定して、厳しく有害物質を管理しています。このRoHSを検査する機関としてはSGSなどが挙げられます。SGS分析で合格した製品においては、海外での取り引きがしやすくなるといった利点があります。

分析方法は

蛍光X線分析によって非破壊分析を行います。有害物質が出た場合は、温式化学分析によってより高度な分析をしてチェックしていきます。

有効期限がある

SGS分析によるRoHS認証において注意する点があります。それは有効期限があることです。現状では5年間のみ有効となりますので、期限に留意しましょう。

広告募集中