世界的に信頼できるSGS分析で自社商品をチェックしましょう。

SGSとは

SGSとはもともとフランスの穀物検査所としてスタートした機関で、今では、さまざまな業界における商品の検査や認証を行なっているところです。世界的な権威がある第三者機関といえます。農産物をはじめとした食品や、自動車、化学、建設などあらゆる業界にサービスを提供しています。

幅広い業界で用いられる

研究

顧客満足度を上げる

SGS分析によって規制されている有害な化学物質が使われていないことが証明されることは大きなメリットがあります。顧客にとって安全性の高い商品を選ぶことは当たり前となっています。

環境に配慮する

環境への意識が世界的に高まっています。企業にとって環境を考えた商品を開発製造することは必須の条件になってきています。SGS分析の結果を活用すれば、環境に関するダメージを抑えることができます。

リスクを軽減する

企業が請け負う社会的な責任は重大で、とくに人命に関わる責任は、計り知れないものになります。健康被害や環境破壊に繋がるような事故やトラブルが発生すれは、自社の存続はもちろん危うくなり責任を負うことすら難しい状況に陥ります。リスク回避のためにも、初期の段階でトラブルの芽を摘むことが重要になるのです。

RoHS分析

具体的に化学物質の使用がないかをチェックする方法としては、RoHS分析が挙げられます。家電やパソコンなどの電子機器においてチェックしていきます。

安全性を高めてリスクを回避するために

自社の商品のクオリティーを上げるためには、徹底した品質管理が求められます。世界的な検査機関のSGS分析を利用して安全性を証明していきましょう。適切な検査をパスしていれば、大きな問題に発展することなく消費者に安定したサービスを提供し続けることができるはずです。

信頼の証

企業が安定した経営を続けていくためには、優良企業となって消費者からの信頼を集め続けていくことが求められます。情報開示に努めて、不正のないクリーンな経営を進めていきましょう。そのためには、自社の商品やサービスを第三者機関に定期的に分析してもらうことが効果的です。

RoHSで規制されている禁止物質

  • 水銀
  • カドミウム
  • 六価クロム
  • PBB
  • PBDE
  • DEHP
  • BBP
  • DBP
  • DIBP

現在は10種類

RoHSは改正されたことにより、禁止となる化学物質が6種類に加えて4種類が増えて、今は合計10種類となっています。新たに禁止されたのは、フタル酸系の物質です。

[PR]

SGS分析の状況が知りたい
専門の意見が聞ける

ディスペンサーを購入しよう
優良製品多数あり♪

分析サービスを利用するときのポイント

費用をチェック

RoHSなどの分析を第三者機関に依頼するときは、費用を調べましょう。検査する物質の数によっても料金は異なってきます。

納期は?

分析を依頼してからレポートが返ってるまでにある程度の日程がかかることがほとんどです。だいだい1週間程度はかかってくるため余裕をもってスケージュルを組むといいでしょう。

プランが選べるか

分析する項目に応じて、お得に利用できるプランを設けているところもあります。まとめて分析した方が割安になるため、しっかりと検討しましょう。

[PR]

広告募集中